ホームページ制作

成果に繋げる
ホームページ制作

現在の販促活動において、インターネットは欠かせないものとなりました。企業はもちろん、個人でもSNSやブログを用いて、当然のようにインターネットでの情報発信を行っています。誰にでも簡単に情報が発信できる時代だからこそ、「どんな情報を発信するのか」ということがとても大切です。ホームページは作っておしまいではありません。まずはどんなサイトにすればいいのかという企画から始まり、完成後にはどのくらい見られているのか? どんな人に見られているのか? また、どんな記事が人気なのかなどを調査するアクセス解析を経て、サイトの更新をする上で成長して行くものです。当社ではホームページ事業の成果につながることを目的としたホームページ制作を行っています。

WACAウェブ解析士:25名
WACA上級ウェブ解析士:3名
※2016年12月現在

現状分析からサイト構築の提案をいたします

現状分析や会社の強みが明確でないうちに制作をスタートしても成果に繋がらない確率が高くなります。当社では以下のような流れでホームページを作成していきます。

※1:Key Performance Indicatorの頭文字。組織や事業、業務の目標の達成度合いを計る定量的な指標のこと
※2:Search Engine Optimisationの頭文字。検索結果ページで、ホームページが表示される順位を上げる手法

ただきれいなウェブサイトを作るのではなく、
事前の分析と運用も考えた仕組みづくりで
持続的に成果に繋がるサイトにします。

ホームページ制作の流れ

1.現状分析

アクセス解析ツールを使ってページのアクセス状況を把握したり、実際のサイトを閲覧し、使いやすいかどうかをチェックします。現状を把握しないでサイト制作してしまうと、顧客の目線を見落とし、具体的な改善策につながりません。その結果、個人的な好みや思い込みで制作を進めることになってしまいます。

詳しく見る

2.コンセプト策定

弊社独自のシートを用いて貴社の強みを浮き彫りにし、第3者の立場でお客様に伝えるべきポイントをピックアップします。また、来店促進やリピーターの獲得、採用者獲得などのウェブサイトでのゴールを明確にします。制作に入る前段階でこの作業を行うことが、他社との差別化をはかるための重要な役割を担っています。事業の成果につなげるための運用フローもこの段階でまとめていきます。

詳しく見る

3.設計・デザイン

顧客視点でのデザインはもちろん、検索エンジン対策もデザインでは重要な工程です。公開するサイトのデザインだけではなく、ソースコードの品質も考慮して制作を進めていきます。WEB標準規格に基づき、独自のガイドラインで作業を行います。また、当社で制作するホームページは、標準仕様でスマートフォン対応を搭載します。

詳しく見る

4.運用

定期的にアクセス解析ツールを使って効果検証と改善策をご提案いたします。数値に基づき継続的なサイト活用強化をサポートします。それに加え、ウェブサイト更新のサポートや研修も行っております。更新ツール(CMS)を導入することでウェブサイトの専門知識や技術がない方でも、更新が可能になります。
※運用は別途お見積りとなります。

詳しく見る

5.集客(メディアミックス)

ウェブサイトは販促ツールのひとつです。ウェブ以外の広告の特徴や目的を明確にし、販促を最適化していきます。その際に重要なことは、各々の広告手法を「点」ではなく「線」でとらえることです。例えば、ウェブサイトとチラシのデザインや内容を工夫していくことで、相乗効果が得られるような戦略のご提案をいたします。

詳しく見る