地元企業ナビ HOPE(ホープ)

『地元企業ナビ HOPE(ホープ)』は、茨城県内・周辺エリアの大学・短大・高等専門学校の就活生へ直接配布をする企業紹介本です。 「地元で働きたいけれどどんな会社があるのか知らない・・・」という学生、「ネット情報が多すぎて学生へ提供する情報選びが大変・・・」という学校、「たくさんの企業の中で自社の情報が埋もれてしまいそう・・・」という企業、それぞれの声を参考に、県内企業の魅力や仕事がワンストップで分かりやすく伝えられるような本を創りました。

COURSE
媒体カテゴリー名企業紹介本 フリーペーパー
配布校【茨城県内】
茨城大学・常磐大学・茨城キリスト教大学・茨城女子短期大学・常磐短期大学・産業技術短期大学・筑波大学・筑波学院大学・流通経済大学・つくば国際大学・茨城工業高等専門学校

【県外】
川村学園女子大学・白鴎大学
版型A4
発行日茨城版12月下旬
発行形態配布校の大学3年生(短大1年生)を中心に直接配布
創刊年月2018年12月

地元企業ナビHOPE(ホープ)の4つの強み

就活中の学生への直接配布

キャリアセンターを利用する学生をはじめ、各ガイダンス・一部の合同企業説明会・学内セミナーなどで直接配布をいたします。ターゲットとなる就活生へ直接配布することにより、効率的な企業PRができます。

情報誌だから広がる可能性

希望の業界・職種で検索するWEBサイトとは異なり、選択肢に入っていなかった業界・企業の情報を届けられるのは、一覧性の高い情報誌の強み。 また、予算によるページ数・掲載サイズの変動がないので、無駄な紙やページ展開もありません。どの企業も誌面は原則見開き2ぺージで、学生が馴染みやすいデザイン性の高い構成となっています。

企業ブランドを高める

誌面は、代表者や実際に働く先輩のインタビューや実際の職場風景の写真等を中心に構成。企業理念や社風がより学生に伝わりやすい内容となっています。 また、茨城県内に拠点を構える優良企業を中心に掲載するので、企業ブランドの価値を高めることに繋がります。就職希望の本人だけでなく、その保護者やキャリアセンターの職員の方など、関係者にも安心感が生まれ、地元就職の後押しが得られやすくなります。

インターンシップへの訴求も可

昨今では、半数以上の学生が参加しているインターンシップ。その参加者の多くが本選考へのエントリーにも進んでいる状況で、学生は高い確率でインターン参加企業を就職先として意識をしています。大学3年生をメインターゲットとしていますが、キャリアセンター等での設置により大学1・2年生の目にも触れるため、これからインターン先を検討する層への訴求にも繋がります。

地元企業ナビ HOPEの全体図