歓送迎会の集客アップ | 選ばれるコース作り4つのポイント

3月・4月は歓送迎会シーズン。幹事様は宴会コースの比較をしています。
今年はどんなコースにしようか迷っている店舗様もいるのではないでしょうか。
なんとなくコースを打ち出すだけではせっかくの広告も活かしきれません。

ここでは幹事様の視点で選ばれやすいコースの打ち出し方をお伝えします。
ぜひ参考にしてください。

2017/2/14 (火)

コースづくりの前に…世の中の変化

インターネットやスマートフォン登場など世の中の変化にともない消費者が得られる情報はここ数年で激増しています。
そして世の中の変化に合わせて消費者の行動も変化。
消費者はお店の知らないところ、ネット上で「一次選考」をしています。
つまり、他店と比較して負けない情報を発信することが大切です。

 

お客様に選ばれるコース&広告作りのポイント

1.お客様のニーズにあわせたコースを用意

お店の視点ではなく、お客様の視点でコースを用意しているでしょうか?
最近は飲み放題が当たり前だし、当店のコースは飲み放題付きで3種類です。
その内容だけでは求めているコースがなかった場合に他店へ流れてしまう可能性があります。
お客様シーンを想像し、多くのコースを用意することが必要です。

 

2.コース名はウリを具体的に、写真と一致させる

コース名は価格だけの訴求になっていませんか?
4000円コース、5000円コースだけではコースの良さが伝わりません。
まずはコース名で「おっ美味しそう!」と思っていただけなければコースの内容まで読んでもらえません。わかりやすく思わず目を引くコース名を付けましょう。
また、写真とコース名を一致させることも大切な施策です。コース名は贅沢焼肉コースなのに写真はビールの写真ではイメージが伝わりにくくなります。

 

3.メニューの内容を具体的に

コース名と写真が気になってもらったら次は内容です。
よく見かけるのは仕入れ状況で内容が変わるからという理由で 前菜、サラダ、肉料理…etcと詳しく説明しないコースです。 こちらもお金を払う消費者からすればどんな料理がでるのか詳しく知りたい情報です。 「肉料理」は「国産牛の炙りステーキ」など詳細を伝えましょう。日替わりコースなど変更が多いお店様の場合は、一例を記載する、なぜ日替わりなのかを伝えるといった工夫をすることも可能です。

 

4.歓送迎会にふさわしいサービスをつける

10名様以上で1名無料、ソフトドリンクサービスなど、今はクーポンも当たり前になっており、安易なクーポンは反応が悪くなっています。そこで歓送迎会のシーンを想像することが大切になってきます。歓送迎会ということは「歓迎・送別される主役」がいます。主役をおもてなしするサービスがセットになっていたら幹事様はどうでしょう? 安易な割引ではなく、花束がセットになったコース、余興を盛り上げる設備の紹介やサプライズがセットになったコースを提供することで選ばれやすくなります。

 

まとめ

以上、歓送迎会で選ばれるコース作りの4つのポイントをご紹介いたしました。 消費者行動の変化にともない、選ばれるためにはお客様の視点にたった情報発信が必要になっています。コースを見直し、歓送迎会の集客アップに繋がれば幸いです。

 


販促ブログ, 飲食業界カテゴリーの記事