生活情報誌「ひたっち」が「ひたちサンドアートフェスティバル2017」を後援

7月16日(日)、河原子海岸で第8回目となるサンドアートフェスティバルが開催されました。
昨年に引続き、生活情報誌「ひたっち編集部」が後援!夏の思い出作りにピッタリの夏の陽射しの中、約2万人の方々にご来場いただき、大盛況のイベントとなりました。

2017/7/31 (月)

ひたっち編集部が第2中央ゲートで来場者の皆様をお出迎え

毎年イベントを心待ちにして下さる市民の皆様がファミリー、友人、カップルでご来場くださいました。私たち「ひたっち編集部」は3つの入場ゲートのうち1つのゲートを担当させていただきました。
日立市や地元企業様などのご協力を得て、今年も新たな要素と魅力を盛り込んだ本イベント。日立市がより活性化するようにと願い、私たちもワクワク・ドキドキしながら皆様をお迎えいたしました。


絆リング
来場者に販売(中学生以上)。当日、リングを身につけて頂き、イベント参加への一体感を創出。地域への想いを共有します。おそろいのグッズを身につけるというのは、思った以上に気分が上がるものですね!製作は当社が担当させて頂きました。


うちわ
サンドアート会場では「ひたっち×いばナビ」の他、当社で制作させていただいた合計3,400本のうちわを配布。ひたっち編集部担当の第2中央ゲートを中心に来場者様にお配りしました。午後3時には全てなくなる人気ぶり!会場ではうちわを手にする人が多く見られ、涼を提供しました。

今年のテーマは「みんなでつくるサンドアート」


目玉の展示砂像に加え、イベント来場者が製作体験できる小型砂像もズラリ。個性がヒカル砂像がたくさん出来上がり、まさに「みんなでつくる」砂像広場になりました。笑顔で話しながら創る方、黙々と真剣に創作活動に向かう方、パパ、ママとお砂場遊びを楽しんだお子様・・・など、思い思いの時間を過ごしていただけたようです。

体験アトラクション


水鉄砲サバイバルでは、大人も童心に帰って子供たちと一緒に楽しむ姿が。その他、体験アトラクションは、バスケットボール、スカイステージ、バナナボート、ご当地スポーツのパンポン、遊覧船などが無料で楽しめました。

華やかなステージ

”食”のイベント実施


飲食ブース「ひたち屋台村」では、27店舗が自慢のメニューを携えて出店。美味しいモノがたくさん並び迷うほど。今年も「グルメ王座決定戦」が行われました。

「ひたっち×いばナビ」は今年も出店


大抽選会を行いました!沢山のご参加ありがとうございました!!


今年も多くの人がLINE@登録やひたっちフェイスブックにいいね!をしてくれました。

締めくくりは劇場型花火大会


フィナーレは劇場型花火!音楽と花火がコラボした大迫力のショータイムに歓声と拍手が送られ、今年のサンドアートフェスティバルは幕を閉じました。ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。来年も、お会いしましょう!!

◆日立市に発行
総発行部数63000部、発行日 毎月25日
月刊『ひたっち』について詳細を見る⇒地域情報誌『ひたっち』 商品ページ

◆いばらき最大級の地域情報サイト⇒『いばナビ』商品ページ


イベント, 日立市カテゴリーの記事